総量規制対象外の銀行カードローン

総量規制でお困りの方は総量規制対象外のカードローンの利用がお勧めです。

総量規制を学ぶ

総量規制とは、個人への融資が年収の3分の1を超えてはいけないというもの。
又、この規制は、消費者金融業者をはじめとする貸金業者に施行されているものです。
なので、ローンを利用したい場合に総量規制が気になる場合は、総量規制対象外の融資機関のローンを利用すれば問題は解決です。

 

ただ、みなさん総量規制の対象外となると銀行等があげられるので「審査が厳しい‥」「融資に時間がかかる‥」と思われている方も多く、それにより敬遠する方も多いです。

 

しかし、総量規制施行後、各融資機関(総量規制対象外の)では、スピード重視の融資を取り扱うようになっているので、融資が遅いとか、審査が何日もかかる事は全くありません。
実際、早い場合なら、審査もおよそ30分程度で完了するので、急ぎでの要り用にも十分に対応可能です。

 

総量規制は、ご説明のように年収の3分の1以上の融資が出来ないというもので貸金業者による借入の場合ですが、総量規制があっても借りられるところはたくさんあります。
又、融資商品によっても総量規制が外れるものもあれば該当するものもあります。

 

 

例えば、色々な方が利用する住宅ローンは、総量規制に関係なく利用出来るローンです。
更に自動車ローンも総量規制に関係なく利用可能です。
もちろん、これらを扱うのは銀行融資ですが、総量規制は、貸金業者の実に施行される規制なので、それ以外の銀行等は、総量規制以上の融資が実現します。

 

つまり、総量規制が施行され「借りられない‥」ではなく、総量規制が施行された今「借入出来る場所は安全で信頼性の高いところ」という事になります。
もちろん、総量規制対象外の融資機関によるローン利用には、条件があり、中には年収の条件をつけているものもあります。

 

当然、そうなれば利用できない方もいるわけですが、総量規制対象外のローンはすべて年収条件をつけているものばかりではなく、バイト、パート、専業主婦等が利用出来るローンも続々と誕生しているので、総量規制によりローンが利用できないと考えておられる場合は、総量規制対象外の融資機関の利用を検討してみましょう。

総量規制対象外のカードローンは、どんなもの?

総量規制対象外のカードローンは、銀行系や農協などが個人向けに行っている融資サービスの事で消費者金融や信販会社であれば総量規制の対象となりますが、銀行系や農協は、この総量規制対象外となっています。

 

銀行系や農協などは、総量規制対象外となることから審査に通過する事で年収以上の融資を受ける事も可能となりますが、審査は厳しい傾向にあり、高額な借入であればあるほど、審査もより厳しいものとなります。

 

また、銀行系や農協に限らず、どの金融機関で融資を受けるにしても他社から借入がある状況だと融資を受ける事は容易ではありません。

 

銀行系や農協が総量規制対象外とは言っても他社からの借入がある状況で新たに融資を行うと返済が苦しくなる恐れがあるからです。

 

よほど、年収が高い人であれば問題無いと思いますが、そもそも年収の高い人が複数の借入を行う事はまずありえません。

 

総量規制対象外である銀行系や農協で融資を受ける事で高額な借入が出来る事の他に低金利が適用されるメリットもあります。

 

どの金融機関で融資を受けるにしても決められた金利の元に利息が発生し利用者は、借りた金額と合わせて返済する義務があります。

 

この金利は、金融機関によってまちまちではあるのですが、銀行系や農協と言うのは、他社と比較して金利が低い傾向にあるので、高額な借入や長期的な利用を考えている人にとって利息も少なくなるので、返済も楽になります。

 

その他、銀行系や農協と言うのは、社会的地位も高く信用性もあるので、初めて利用される方でも騙される心配もありません。

 

そのような事から始めてカードローンを利用する場合や再度、利用する事を考えているのであれば、審査は厳しいのですが、高額な借入と低金利、社会的信用度の高い銀行系や農協の利用を強くおすすめします。

 

消費者金融や信販会社のように即日融資を受ける事は中々無いと思いますが、長い目で見るとメリットが沢山あるのでおすすめします。